Recent Posts

専務理事 事業計画



一般社団法人恵庭青年会議所

2017年度 専務理事
 
事業計画



 専務理事 三上 まどか




本年創立48年目を迎える恵庭JCは、熱き想いをもった先輩諸兄が、まちの問題解決に向けて汗を流し、地域のニーズに応えながらまちや人の魅力を高める運動を展開してきました。全国的に各地青年会議所の会員減少が顕在化している中、その在り方が問われる時代だからこそ、より多くの市民から共感・信頼される組織力と、個性輝く人の魅力やポテンシャルを引き出すメンバーの行動から、新たな恵庭JCを作り上げる必要があります。

まずは、メンバーが活発に活動できる環境を作るために、1年間のスケジュール管理を徹底し、正確な情報を提供することで、円滑なLOMの運営を確立します。そして、恵庭JCへの共感の輪を拡げるために、情熱に満ちた志高い青年世代から人財を発掘し、個性輝き魅力溢れるLOMの成長へ導きます。さらに、市民から信頼される団体になるために、コンプライアンスの周知を徹底し、規律ある運営体制と健全かつ強固な財務体制を築くことで、持続可能な組織を確立します。また、市民から共感される事業を構築するために、発想力豊かな多くのアイディアを引き出し、活発な意見を丁寧に集約・反映できる諸会議を運営します。そして、私たちが行うJC運動の価値を高めるために、メンバーが青年会議所の本質を理解し、JC活動を通じ自分と向き合いながら仲間の個性や魅力に共感できる場を創出することで、より強固なメンバーの結束と意識共有を図ります。さらに、メンバーが俯瞰的視野でJC運動を展開するために、公益社団法人日本青年会議所や北海道地区協議会の事業に積極的に参加し、刺激を受けることで、LOMの活性化へつなげます。
 激変する時代の中で、今この一瞬を全力で生きる私たちの行動と、市民の期待に応える運営体制から、多くの共感と信頼を得ることが出来た恵庭JCの運動が、メンバーの存在価値を高め、魅力ある団体として輝くことで魅力と可能性が満ち溢れる恵庭を創造します。


0 コメント:

コメントを投稿