Recent Posts

2016年5月17日火曜日

5月例会開催しました!

子供の可能性拡大委員会担当 5月例会

「ひろげよう!想像力と可能性!」~時代を担う子供たちのために~を

5月16日に開催しました!

  第一部でプレゼンを行い、第二部ではワークショップを行いました。創造性あふれる地域の大人として、地域と共に子供たちを育む意識を再認識する例会となりました。



 
波多野理事長挨拶



三浦副理事長による趣旨説明




三上副委員長による第一部プレゼン





齋藤委員進行の第二部ワークショップ





前田委員長の総括





永井監事の講評




2016年4月24日日曜日

熊本地震災害支援について

一般社団法人 恵庭青年会議所では4月17日より熊本地震 災害支援金のお願いを市内各所にて行ないました多くの方々の大変あたたかい協力により昨日現在343986円の募金が集まった事を報告させていただきます。
集まった募金は公益社団法人 日本青年会議所の熊本地震災害支援口座へ ご入金させていただきます。

http://www.jaycee.or.jp/topic/01topicnotice/6431

ご協力いただきました皆様ありがとうございました。
また被災地の一日でも早い復興を願います。















2016年4月19日火曜日

3LOM合同例会開催しました!

3LOM合同例会

「チームの力でトップを目指し友情を育もう!!」を4月14日に開催しました!

本例会では一般社団法人恵庭青年会議所、一般社団法人千歳青年会議所、北広島青年会議所の3つのLOMで合同して、体感式クイズ大会を行いました!

チームを6つに分け、3つのLOMのメンバーが協力し合いながら体感式ゲームを行い、クイズを答えることにより、親睦を深めることができ大変盛り上がった例会となりました!


開会セレモニー



波多野理事長挨拶



ティッシュリレーの様子



スリッパリレーの様子




クイズの司会進行を務めた岡藤委員(恵庭)と林委員(千歳)




高橋委員長の3分間スピーチ



「若い我等」斉唱



集合写真




一般社団法人恵庭青年会議所 創立45周年記念のPR



北海道JCフォーラム2016のPR



2016年3月31日木曜日

3月例会開催しました!

恵庭の可能性拡大委員会担当 3月例会

「再発見!JC活動の意義!」を3月22日に開催しました!

本例会で恵庭JC 35代理事長 玉川先輩に来ていただき、JC活動の意義について講演頂きました。

第1部では「JC活動から得られたこと」をテーマにプレゼンを行いました。第2部では「人は人で磨かれる」というテーマで玉川先輩よりご講演頂きました。

多くの気づきと学びを得られた例会となりました。 





 
山口副理事長による趣旨説明




大野副委員長担当の第1部プレゼン





玉川先輩による第2部 講演





高橋委員長の総括




川原監事の講評




そしてこの度、正会員として承認された3名です。



奈良岡委員





小原委員







國廣委員


2016年2月26日金曜日

第33回えにわ雪んこまつり 雪んこ宝さがし謎解き解答!!



第33回えにわ雪んこまつりにご来場下さった皆さまありがとうございました!

今回の雪んこまつりのメインイベントの「雪んこ宝さがし」はお楽しみ頂けたでしょうか?
わかった人もわからなかった人も一緒に答え合わせをしてみましょう!
宝探しの地図


雪だるま調査団から送られてきていた6つの謎
これは「恵庭のまちに関係した言葉」を見つけ出すために必要な、
問題文のありかを示していました。(問題文をクリックすると解答が見られます)

「はじまりと終わりの間をさがしだせ」→「クロスカントリーのスタートとゴールの看板の真ん中の文字」

「さまよえるきらびやかな3兄弟をさがしだせ」→「会場内を歩き回るキラキラした衣装を着た3人」

「白いほこらのまちに住む赤い軍神をさがしだせ」→「かまくらのあるエリアに設置されたカニの被り物をした軍神マルス」

「さくらさく場所をさがしだせ」→「春になると綺麗なさくらがさく並木道」

「食のまちを見下ろす場所をさがしだせ」→「飲食テントが並ぶメイン会場が見下ろせる山の頂上」

「おどる文字が書かれた石の台をさがしだせ」→「さくら並木の近くにある樹立の記念石碑」


そして、この6ヶ所の問題を解いて行くと

「かぼちゃ」

「ブックスタート」

「カリンバ」

「あかげまい(赤毛米)」

「じえいたい(自衛隊)」

「るるまっぷ(RURUMAPPU)」

と、なります。

気づいた人もいるかも知れませんが、宝の地図の恵庭の紹介で書かれていた事ばかりです。

そして、この6つの答えの文字(恵庭のまちに関係した言葉)を雪だるま調査団から送られてきていた7マス×6マスの暗号の中から見つけ出していきます。
これは、海賊雪だるまからの言葉 に指示がありましたね。

するといくつか残った文字が…。 それを繋げて読んでいくと、

「☆できみのなをきにゅう!」となります。

実は、中面の会場MAPに1ヶ所だけ☆が書かれていた場所があります。
そうです、本部テントです。

つまり、答えは・・・

「本部で君の名を記入!」

そう、あなたの名前こそが恵庭の宝なのです。


なんで名前を書く事が恵庭の宝なの?って思う人がいるかもしれません。
これまでの恵庭を作り上げ、これからの恵庭を発展させる恵庭市民の皆さまが宝物と私達は考えています。







2016年2月23日火曜日

第33回えにわ雪んこまつり 御礼と報告

この度は、第33回えにわ雪んこまつり開催にあたり、本当に多くの皆さんにご協力ご来場いただきありがとうございました。
お陰様で予想を上回る過去最大級の動員数となった反面、駐車場に入るまでの渋滞や、駐車場に停められない方も多数出てしまい、ご迷惑をおかけしました事をお詫び申し上げます。

今回から、会場を「るるまっぷ自然公園ふれらんど」に移し、恵庭の子供たちをはじめ、市内外から多くのご来場を頂き、恵庭が有する冬の魅力に新たな価値を見いだすべく一歩となりました。

メイン企画の「雪んこ宝さがし」だけでも約1,000名の参加がありましたが、各スノーアクティビティやステージパフォーマンス、飲食ブースなども多くのお客様で賑わい、盛会に開催することができました。

本事業を開催できたのもひとえに市内の企業や団体、行政の皆さんなど本当に多くのお力添えをいただき、当日に至っては50名以上の学生ボランティアにも支えられ、実行委員会を組織して運営して参りました。

改めて関わっていただいた全ての皆さんに心から感謝を申し上げ、「第33回えにわ雪んこまつり」のご報告とさせていただきます。本当にありがとうございました。

えにわ雪んこまつり実行委員会
実行委員長  波多野 誠
実行委員会メンバー 一同